通販専門古書店:音楽と暮らし             東京都古書籍商業協同組合加盟店
ホーム邦楽『邦楽の友』36号〜452号内381冊一括 ■ 邦楽の友社 昭和33〜平成5年
商品詳細

『邦楽の友』36号〜452号内381冊一括 ■ 邦楽の友社 昭和33〜平成5年

販売価格: 162,000円 (税込)
数量:
【商品名】 『邦楽の友』36号〜452号内381冊一括
【発行元】 邦楽の友社 
【刊行年】 昭和33〜平成5年
【状態】 多くの号の背少ヤケ、一部少イタミ有
【備考・コメント】
A5判、各100P程。
連載記事(短期含む)を以下に挙げる。

田辺尚雄「三味線音楽の発生より現代迄」、菊池滋弥「明治大正名士と名妓-秋叟昔話」、町田嘉章「豊後節の考証と研究」、金子千章「長唄解説」、田中伝左衛門「歌舞伎囃子要録」、吉川英士司会「芸大邦楽科設置運動の回顧座談会」、矢部洋文「小唄師匠銘々伝」、小林栄「吉原小唄話」、浅野健二「古典解説」、竹越和夫「下座音楽の演劇的役割り」、左本政治「芸界余話」、小野金次郎「小唄贅註」、浅田正徹「葛飾冗語」、舘野健「邦楽の声のねり方」、忍頂寺務「忍逢春雪解」、浅川玉兎「長唄稀曲めぐり」、小島二朔「歌舞伎座・帝劇・市村座」、円城寺清臣「春花秋月」、蘭曲庵「邦楽つれづれ草」、平山清郎「邦楽研究会と弥十郎塾の興亡」、片山彦三「邦楽考現録」、菊池光翁「即興演奏の話」、岡本文弥「昭和新内史」、木村菊太郎「昭和小唄の開化」、鶴賀朝太夫「朝太夫新内ばなし」、土居郁雄「寄席囃子について」、愛宕山人「やまとことだま」、杵屋栄禧「四季随想」、初見れい子「津軽路三和子の邦楽たんけん記」他
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス